自動車保険とは

スポンサードリンク

自動車保険とは、「事故に遭遇した被害者に対する金銭的な救済」と「事故を起こしてしまった加害者の金銭的負担の援助」を目的とした
保険のことを指します。

自動車保険には「自賠責保険」というものと「自動車保険」という2つの種類があります。「自賠責保険」は、国からの加入を義務づけられている保険なので必ず入らなければなりません。
そのため、「強制保険」とも呼ばれています。「自動車保険」は、加入する、しないは個人の自由です。そのため、「任意保険」とも呼ばれております。

自賠責保険

自賠責保険は、公道を走る全ての車やバイクが対象になっていて、加入することは義務となっています。車の場合、自賠責保険
証明書を車に積んでいなかった場合には罰金になってしまいます
(金額も30万円以下と大きい)ので注意が必要です。

自賠責保険は言ってみれば、被害者の保護を目的としてのみの保険です。ですから「対人保険」とも言われています。
他人に対する損害のみが保険の支払い対象となります。しかも自賠責保険には、車両(自分や相手の車など)や
対物
(信号機やガードレールなど)、そして自分の体に対しては損害の補償は全くありません。

自賠責保険は被害者に賠償金を支払う時に不充分な場合が結構、多くあります。
それは賠償金の一部しか補償されないということがあるからです。自賠責保険死亡補償の最高金額は、3000万円です。
しかし実際の事故などでの賠償額は、1億円を超えるケースはザラにあります。

SPONSORED LINK


自動車保険(任意保険)は種類や保険料が多様化

こういった事情により、任意での自動車保険が必要とされている状況です。自動車保険任意保険)は、
その保険を扱っている保険会社や保険の条件によって金額は違います。

1998年より自動車保険の自由化にもなって外資系保険会社もいろいろな企業が参入し保険の種類や保険料が
多様化しておりますので自動車保険任意保険)を選ぶ際には自分に一番いい条件のものを賢くチョイスしてみてください。


SPONSORED LINK